大阪府立豊中高等学校 能勢分校

”おおさかのてっぺん(北の端)”能勢町にある公立高校です。旧大阪府立能勢高等学校。「超少人数制」「グローカルな探究活動」「里山留学制度」が特長。大自然に囲まれた環境でのびのびとした高校生活が送れます。

校長室より

能勢分校の日常や出来事を准校長がつづります

小規模校の文化祭は盛り上がるのか? @校長室より

秋の風物詩といえば紅葉やサンマ。秋の一大学校行事といえば文化祭。そのような認識をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 コロナ禍の影響が収拾しきっている状況ではありませんが、去る11月13日(土)に能勢分校では「2021年度文化祭」を開催することができました。 (本記事のトップビューにあるイラストは漫画研究部員による作品です!パンフレットの表紙を飾りました) 一般的に生徒数・教員数と文化祭企画数は正の相関関係にあるようなイメージを持たれる方も少なくないのでは。生徒数が多い

スキ
9

栗の達人による課外活動、はじめました @校長室より

前回の記事で、今年度から能勢町内の住民の家に下宿しながら能勢分校に通学することができる「里山留学制度」を開始したことをお伝えしました。 前回の記事はコチラ しかも、この里山留学制度は単なる下宿制度ではなく、「里山留学プログラム」と呼ばれる、里山留学生が能勢町での学びをさらに深めるための体験型プログラムに参加できることもお伝えしました。 里山留学プログラムは、「農業」「環境」など能勢町ならではの産業や取り組みなど地域資源をフルに活用した課外活動です。能勢町に住んでいるから

スキ
11

能勢町で「里山留学」してみませんか? @校長室より

「里山留学」ってなに?初めて聞いた方も多いのではないでしょうか。それもそのはず、今年度(令和3年度)から新たに始まった能勢町の制度なのです。 里山留学制度とは… … … っと、本題に入る前にまずは背景からご説明します。 現在の大阪府公立高校の入学者選抜(高校入試)は学区を設けていないため、府内どこに住んでいても、どの高校でも受験することが可能です。 ところが能勢分校は、”おおさかのてっぺん”(大阪の最北端)と呼ばれる能勢町にあります。どんなに朝早く起きて通学しよう

スキ
18

能勢町全体が教科書です @校長室より

能勢町は緑あふれる町であると同時に「生物多様性に優れた自治体」としても知られています。  ※平成28年に発表された「生物多様性に優れた自治体ランキング」で全国1位を獲得!! 出展:三菱UFJリサーチ&コンサルティング ニュースリリース 中でも”生物多様性のホットスポット”とも言われている「地黄湿地」は、湿地でしか見ることができない珍しい生きものに会いに行ける場所として有名です。 そんな豊富な能勢町の自然資源を能勢分校の教育活動にもふんだんに生かしています。 学校設定科目

スキ
10